★★★COOL SOUND 第109回リリース作品★★★

2013年6月8日 ON SALE

135

1980年作品(未発表)

ブレイズ・タースティ

『American Lovers』

COOL-142

2,592年(税込み)

収録曲

 

 1. American Lovers (Donald Fagen - Walter Becker)
 2. Win Back Your Heart (Randy Goodrum)
 3. Since I Fell For You (Buddy Johnson)
 4. The Speed Of Love (Blaise Tosti)
 5. I Really Found Someone In You (Blaise Tosti)
 6. Cryin’ Eyes In The Night (Jerry Careaga)
 7. Pieces On The Road (Blaise Tosti)
 8. My Love Is On The Road Again (Blaise Tosti)
 9. Rockin’ In The Moonlight (Fred Mollin)
 10. Let Our Souls Make Love Tonight (Blaise Tosti)




 Produced by Fred Mollin Mixed by Bill Schnee

<アルバム紹介>


 Jeff & Mike、Luke、Kimball、Landau、Pages… 
 L.A.の俊英が多数参加し1980年にRCA系列から出るはずだった幻のアルバムが、36年の時を超え遂に世界初登場!
 Jimmy WebbやDan Hill、Americaでお馴染みのProducer、Fred Mollinが作り上げたHidden Treasureを
 今、貴方に!!


  冒頭に収められ、アルバム・タイトルにもなった「American Lovers」はドナルド・フェイゲン&ウォルター・ベッカー
 が、トーマス・ジェファーソン・ケイに提供した曲のカヴァー(ゲイリー・カッツ・プロデュースによる1974年の
 『First Grade』に収録)。ペイジズの2人による美しいコーラスが印象に残る佳曲。
 続く2曲目の「Win Back Your Heart」は典型的なAOR風を運ぶランディ・グッドラムの作品。この後、彼の1stソロ作
 『Fool’s Paradise』でセルフ・カヴァーされている。
 3曲目の「Since I Fell For You」はバディ・ジョンソンが1945年に書き、今日まで幾多ものカヴァーが生まれた
 ポップ・スタンダード。

 本作にはブレイズのオリジナルも多く収められているが、4曲目の「The Speed Of Love」は彼のペンによる爽やかな
 AORチューン。スティーヴ・ルカサーのナイロン弦によるギター・ソロが楽しめる。

 そして、5曲目の「I Really Found Someone」はちょっぴりジャジーなバラードでここではAORとMORの中間的な
 ヴォーカルを届けてくれる。

 LP時代のB面に移って「Cryin’ Eyes In The Night」は典型的なアメリカのポップ・ロック系ナンバーでジェフの
 軽やかなドラミング、ワディ・ワクテルとスティーヴ・ルカサーの2人のソロが楽しめる。
 続く「Pieces On The Road」はMOR系のバラードでゴスペル風のコーラスとルークの粘っこいソロが耳を奪う。

 続く「My Love Is On The Road Again」でもルークのソロをフィーチャー。ジェフのドラミング、ボビー・キンボール
 &トム・ケリーによるコーラスなど、『TOTO』に収められた「Manuela Run」に通じるポップな仕上がりを見せている。

 「Rockin’ In The Moonlight」もポップなアメリカン・ロック風でジム・ホーンのサックスと、
 ボビー・キンボールのカウンター・ヴォーカルが爽快なウェスト・コーストの風を運んでくれる。
 そして、しっとりとしたバラードの「Let Our Souls Make Love Tonight」で本作は幕を閉じる。


  お求め頂けます方は、info@coolsound.co.jp までメールにてお申し込み下さい。
  お値段は送料無料で1枚¥2,592です(ゆうメール便使用時)。


 

★★★COOL SOUND 第105回リリース作品★★★

2014年11月26日 ON SALE

1981年作品

キーン

Keane

COOL-136

2,700円(税込み)

収録曲


収録曲
1. Tryin' To Kill A Saturday Night (T.Keane - M.Himelstein)
2. Bad Little Baby Girl (T.Keane - M.Himelstein - M.Moulin)
3. You Got The Better Of Me (T.Keane - M.Moulin)
4. Kill Or Be Killed (T.Keane - M.Himelstein)
5. My Special Way (M.Moulin)
6. Baby I'm Dead (T.Keane - M.Himelstein)
7. I Love My Life (T.Keane - M.Himelstein - M.Moulin)
8. Anything Less Than Love (T.Keane - M.Himelstein)
9. Lorelei (T.Keane - M.Moulin)
10. Judy (T.Keane - M.Himelstein)



  Produced by Tom Keane

2014年11月26日 ON SALE

135

1982年作品

キーン

Today, Tomorrow & Tonight

COOL-137

2,700円(税込み)

収録曲


収録曲
1. Oh Oh Oh (T.Keane - M.Moulin)
2. My Kind (T.Keane - M.Himelstein)
3. Don't Make Me Love You (T.Keane - M.Himelstein)
4. I Can See You (T.Keane - M.Himelstein)
5. Tomorrow Is Today (T.Keane - M.Himelstein - M.Moulin)
6. It's All Over (T.Keane - M.Himelstein)
7. I'm Ready Tonight (T.Keane - M.Himelstein - M.Moulin)
8. Mindreader (T.Keane)
9. You Don't Have To (T.Keane - M.Himelstein - M.Moulin)
10. One Too Many Lovers (T.Keane - M.Moulin)



  Produced by Tom Keane & Gary Lubow

メンバー


  『Keane』
   Tom Keane(Vo,Kb)
   John Keane(Ds,Perc)
   Mark Moulin(G,Vo)
   Mike Millwood(B,Vo)

  『Today, Tomorrow & Tonight』
   Tom Keane(Vo,Kb)
   John Keane(Ds,Perc)
   Mark Moulin(G,Vo)
   Jason Scheff(B,Vo)


<アルバム紹介>


COOL SOUND 16年の歴史の中で五指に入る人気盤が紙ジャケット、再マスタリング、ハイ・クォリティCDで再登場!

  ジェフ・ポーカロが大絶賛し、TOTOの弟分的な触れ込みで
  日本デビューを飾った4人組、キーンの1st&2nd。
  トム(vo, key)&ジョン(ds)のキーン兄弟を中心とした彼らのサウンドは
  爽快なウエスト・コースト産ポップ・ロックの一級品!
  某有名サイトでは中古盤に1万円のプレミアが付くほど、
  長い間、在庫切れの状態でしたが、そんな状況もこれで解消!
  AORのディスク・ガイドでお馴染みの作品を、
  高音質CDで心行くまでお楽しみ下さい!

  <通販特典>
  LP発売当時、シングル・カットされた1stの1曲目
  「Tryin’ To Kill A Saturday Night」の
  レプリカ8cm CDシングルを制作しました!
  1st&2ndの両方を通販でお求め頂いたお客様に
  このシングルをもれなくプレゼント致します。
  数に限りがございます。どうぞお早めに!

  お求め頂けます方は、info@coolsound.co.jp までメールにてお申し込み下さい。
  お値段は税込み送料無料で1枚¥2,700です(ヤマトのメール便使用時)。

 

★★★COOL SOUND 第104回リリース作品★★★

2013年12月23日 ON SALE

135

2013年作品

ランス・ジョー

Pacific Rendezvous Re-visited

COOL-134(発売中)、COOL-135(完売しました)

2,000円(税込み)

収録曲


 1. Tantalus 7pm (Jyo/Alfter)
 2. The Best Is Yet To Come (Jyo/Lindsey/Ferrando)
 3. Tropic Paradise (Jyo/Basebase/Pescetto)
 4. All My Life (Jyo)
 5. Falling (Jyo/Alfter)
 6. Marina (Jyo/Alfter/Takushi)
 7. I Need Your Love (Jyo/Pescetto)
 8. If I Could (Jyo/Alfter/Pestana)
 9. Crazy About You (Jyo/Hayashi/Basebase)
 10. Forever Love (Jyo/Pajimola)
 11. Cool Sound (Bossa Nova Version)(Jyo)
 12. I Believe In You (Jyo)

 Bonus Tracks
 13. Carrie (Jyo/Basebase)
 14. Believe In Me (Jyo)
 15. You'll Always Be The One For Me (Jyo/Nakada)



Produce by Lance Jyo, Raul Ferrando, David Kauahikaua, Joerg Alfter, Jon Basebase

参加ミュージシャン


<Lead Vocals>
Kazutaka Ishii(134 only), Fukutomi Hideaki(134 only), Tetsuji Hayashi(134 only), LJ,
Galen Takushi Maurice Bega Jeff Pescetto, Dara Pestana,
Michael Ruff, Zanuck Kapala Lindsey, Jon Basebase

<Background Vocals>

Dave Toma, Cheri Nakamura, Sunway Chong, Darla Pestana, LJ

<Guitars>
Jay Graydon, Bruce Gaitsch, Ramon Stagnaro, Zanuck Kapala Lindsey, Dave Toma,
Jon Basebase, Alan Kaneda, Ben Taaca

<Keyboards>
Joerg Alfter, Raul Ferrando, David Kauahikaua, Jon Basebase, Dan DelNegro

<Drums>
Kere Buchanan

<Percussions>
Adriano “Adj” Larioza

<Sax>
Todd Yukumoto

<アルバム紹介>


名作『LA-Honolulu-Tokyo』に続く、待望のオリジナル・アルバムが遂に完成!

  アイランドAORの第一人者、ランス・ジョーの名作が新形態で登場!
  内容を再構築し、ボーナス曲を3曲収録した超限定紙ジャケ仕様。
  ジェイ・グレイドン、ブルース・ガイチ、ジェフ・ペシェット、
  マイケル・ラフ、モーリス・ベガ、ザニック・リンゼイ、
  林哲司、石井一孝、福冨英明他が参加!

  COOL-134 = Japan Version
  M2を石井一孝、福冨英明、林哲司、ランス・ジョーが歌い、
  M15を石井一孝が歌っています。

  COOL-135 = U.S. Version
  M2をザニック・リンゼイが、M15をジェフ・ペシェットが歌っています。
  申し訳ございません。このアルバムの日本での販売は終了しました。
  (ランス・ジョーのサイト lancejyo.com で購入することができます)


  入手は通販のみとなります。基本的に店頭での販売はございません。
  お求め頂けます方は、info@coolsound.co.jp までメールにてお申し込み下さい。
  お値段は税込み送料無料で1枚¥2,000です(ヤマトのメール便使用時)。


 

★★★COOL SOUND 第103回リリース作品★★★

2013年9月25日 ON SALE

2013年作品

ブルース・ヒバード

Forty Years

COOS-2031

2,310円(税込み)

収録曲


1. Will We Get Together (Bruce Hibbard)
2. Here I Go (Bruce Hibbard -- Leisa Speegle)
3. Make You Wish (Bruce Hibbard)
4. Love Is Gone (Bruce Hibbard -- Julie Hibbard)
5. It’s So Right (Bruce Hibbard)
6. Where Does Love Begin (Bruce Hibbard)
7. Jericho (Bruce Hibbard -- Leisa Speegle)
8. 40 Years (Bruce Hibbard)
9. Sanctify (Bruce Hibbard)



Produced by Bruce Hibbard & Lenny Allen

参加ミュージシャン


Bruce Hibbard : Lead Vocals, Keyboards, Guitars, Bass
John Willis : Guitars (Tr. 6 & 9)
Hadley Hockensmith : Guitars (Tr. 2 & 7)
Brandon Fields : Sax (Tr. 1, 3, 5 & 8)
Lisa Verzalla : Trumpet (Tr. 1, 3, 4 & 5)
Lenny Allen : Drums & Percussions
Sandra Hibbard : Background Vocal (Tr. 1, 3, 5 & 9)
Nissi Walls-Allen : Duet Vocal (Tr. 6)
Leisa Speegle : Vocal (Tr. 2)
Gene Miller : Background Vocal (Tr. 2)

<アルバム紹介>

AOR/CCMのマスターピース『Never Turnin' Back』でお馴染み、ブルース・ヒバードの5年ぶりとなる新作が登場!

  今回は2000年の『Time Waits』以来となるセキュラー・アルバムで、
  この3年間に書き溜めた曲を中心に9曲を厳選。
  ジャズ、R&Bをベースに、ポップや、時にロック、ファンクの
  エッセンスを振りかけた、ヒバード・ミュージックの集大成になっています。
  (特に、スティーリー・ダンからの影響が随所に見られ、思わず笑みがこぼれてしまいます)

  輸入盤に帯・解説、そして歌詞を付けた日本盤仕様。
  解説ではヒバード本人への最新インタヴューを大々的にフィーチャー!

  捨て曲一切なし! 今なお進化するブルース・ヒバードを心からリスペクト!
  そんな名作です。

  お求め頂けます方は、info@coolsound.co.jp までメールにてお申し込み下さい。
  お値段は税込み送料無料で1枚¥2,310です(ヤマトのメール便使用時)。

★★★COOL SOUND 第102回リリース作品★★★

2012年12月19日 ON SALE

2012年作品

カリズマ

Perfect Harmony

COOS-2030

2,940円(税込み・3枚組)

収録曲

Disc-1 Namaste "Recognition of the divine spirit(or soul) in another by the divine spirit in you"

1. Tink (David Garfield - Michael Landau)
2. Oh Sweet Oso (David Garfield)
3. Mujaka (David Garfield)
4. Ratso (David Garfield - Michael Landau)
5. Still Waters Run Deep (David Garfield - Larry Klimas)
6. Pontier (David Garfield)
7. Mambos Cafe (David Garfield - James Harrah)

Disc-2 Ananda "Happiness, Bliss, Great Joy"

1. Delicious Juices (David Garfield - James Harrah - Dean Cortez - Oscar Seaton)
2. Zigaboo (David Garfield - James Harrah - Dean Cortez - Oscar Seaton)
3. And Yelling All The Time (David Garfield)
4. My Brother (David Garfield - Larry Klimas)
5. Donna (David Garfield)
6. Shelly (David Garfield)
7. Wheat Toast (David Garfield)

Disc-3 Chimo (Bonus Disc) "You Are My Friend"

1. Heavy Resin (David Garfield - Dean Cortez)
2. Aliens(Ripped My Face Off) (David Garfield - Michael Landau)
3. Dream Come True (David Garfield)
4. Kimbissa / Cuba (David Garfield)
5. Sting (David Garfield)
6. Toast For Eli (David Garfield - Michael Landau)
7. From Above (David Garfield)
8. Sweet Pea (David Garfield)
9. 716 Stepney St. (David Garfield)
10. Kaptin' Koma (David Garfield)



Produced by David Garfield

参加ミュージシャン


Keyboards : David Garfield
Guitars : Michael Landau, James Harrah, Tim Pierce
Drums : Vinnie Colaiuta, Oscar Seaton, Carlos Vega, Jeff Porcaro
Bass : Dean Cortez, Jimmy Johnson, Neil Stubenhaus, John Pena, Abraham Laboriel
Percussion : Lenny Castro
Horns : Larry Klimas, Steve Tavaglione, Walt Fowler, Bruce Fowler

<アルバム紹介>


 デヴィッド・ガーフィールド率いるL.A.最強のフュージョン・グループ、カリズマ、待望の新作が登場!
次々に湧き出るアイデアを形にし、新曲を14曲レコーディング。それらを2枚のディスクに収め、
さらにボーナス・ディスクも付いた豪華絢爛3枚組!
新曲では、マイケル・ランドウ(g)、ヴィニー・カリウタ(ds)らが爆発し、10編の貴重な記録を
収録したボーナス・ディスクにはあのジェフ・ポーカロがプレイしているライヴ・トラックも2曲収録!
フュージョン・ファン、TOTOマニア、まさに必携のアイテム。


  輸入盤に帯・解説を付けた日本盤仕様。

  解説にはデヴィッド・ガーフィールドによる各曲紹介の日本語訳を掲載。

  L.A.のフュージョン・シーン〜クラブ・シーンを身体で感じる名作!
  ミュージシャンシップの理想が、そう、ここに凝縮されている…

  お求め頂けます方は、info@coolsound.co.jp までメールにてお申し込み下さい。
  お値段は税込み送料無料で¥2,940です(ヤマトのメール便使用時)。

★★★COOL SOUND 第101回リリース作品★★★

2012年9月26日 ON SALE

2012年作品

COOL SOUND meets KAZUTAKA ISHII

You'll Always Be The One For Me

COOL-133

1,000円(税込み・シングル)

収録曲

1) You’ll Always Be The One For Me (Toshi Nakada / Lance Jyo)
2) The Best Is Yet To Come (Lance Jyo / Zanuck Lindsey / Raul Ferrando)
3) You’ll Always Be The One For Me<Karaoke Version> (Toshi Nakada / Lance Jyo)


 Produced by Lance Jyo & Toshi Nakada(Tr. 1, 3), Raul Ferrando & Lance Jyo(Tr. 2)

参加ミュージシャン


1) You’ll Always Be The One For Me

Lead & Background Vocals : Kazutaka Ishii
Rhythm Programming & Keyboards : Raul Ferrando
Guitars : Bruce Gaitsch  Drums : Kere Buchanan


2) The Best Is Yet To Come

Lead & Background Vocals : Kazutaka Ishii
Background Vocals : Tetsuji Hayashi, Hideaki Fukutomi, L.J.
Rhythm Programming & Keyboards : Raul Ferrando
Guitars : Bruce Gaitsch  Guitar Solo : Jay Graydon


<アルバム紹介>


 COOL SOUND 15年目にして初のシングル・リリース!
ミュージカル俳優として、シンガー・ソングライターとして、
そして、AORコレクターとしても名高い、石井一孝をリード・ヴォーカルに迎えた、ウエスト・コースト色豊かなナンバー。
作曲はToshi Nakada、作詞はハワイのランス・ジョー、そして、L.A.でトラックを制作し、
ナッシュヴィルでブルース・ガイチ(g)が、シドニーでケリー・ブキャナン(ds)がダビングに参加した、
COOL SOUNDならではのグローバルなプロダクション!

  ランス・ジョーのアルバム『Pacific Rendezvous』収録の名曲「The Best Is Yet To Come」の
 石井一孝ソロ・ヴァージョンもカップリングで収録した、良質な大人のポップスここに凝縮の1枚!

  お求め頂けます方は、info@coolsound.co.jp までメールにてお申し込み下さい。
  お値段は税込み送料無料で¥1,000です(ヤマトのメール便使用時)。

 *クール・サウンドの通販でお求め頂きますと、
  1)中田の打ち込みよるオリジナルのデモCD-R
  2)メロ譜の楽譜のコピー(PDF)
  が特典として付きます。


★★★COOL SOUND 第100回リリース作品★★★

2011年8月17日 ON SALE

1997年作品

ザニック・リンゼイ

For Every Heart + 2

COOL-132

2,520円(税込み)

収録曲

1) For Every Heart (Zanuck Lindsey / Mark Mattson / Mat Kalani Souza)
2) Moments Such As This (Mark Mattson / Bobby Kranc)
3) Remember The Love (Zanuck Lindsey / Mat Kalani Souza)
4) It's A Love Thing (Zanuck Lindsey / Mark Mattson / Bobby Kranc)
5) Dream With The Angels (Zanuck Lindsey)
6) Hawaiian Wedding Song (Al Hoffman / Charles E. King / Dick Manning)
7) Information (Zanuck Lindsey / Mark Mattson)
8) Every Minute Every Hour (Zanuck Lindsey / Mat Kalani Souza)
9) Like A Diamond (Mark Mattson / Bobby Kranc)
10) Healing Touch (Mark Mattson / Bobby Kranc)
11) Heat Of The Night (Zanuck Lindsey / Michele Bergman)
12) Dream Reprise (Zanuck Lindsey)

<Bonus Tracks>
13) Speak My Name (Zanuck Lindsey / Noelani Bennett)*
14) Shinjite (Zanuck Lindsey / Junko Sumi)*


Produced by Mark Mattson
 except * by Michael Ruff

参加ミュージシャン


Zanuck Lindsey(Vo, g,...etc.)

Michael Ruff(key, b-vo)、Kevyn Lettau(vo)、Michael Paulo(sax)、Ginai(vo)、Gigi Worth(b-vo)、Johnny Britt(b-vo)、
Brian Kilgore(perc)....

<アルバム紹介>


●カラパナ、ナ・レオ、ノヘラニ、エイミー・ハナイアリイ…ハワイのビッグ・ネームを次々にサポート。
そして、その実力が買われ、日本のスーパー・グループ:EXILEの全国ツアーでもギター&コーラスを担当した
アイランドを代表する本格派、ザニック・リンゼイ。
クール・ハワイのコンピ盤『Island Mellow』にも1曲収録され、 熱い注目を集めた1997年のソロ作『For Every Heart』が
マイケル・ラフ・プロデュースによる2曲の新録を加え、遂に日本盤登場!
AORファン必携のアイテムがまた1枚、Cool Soundから…。



 こちらの商品をご予約頂ける方は、info@coolsound.co.jpまでメールにてお申し込み下さい。
 お客様のお名前とご住所、希望商品名をお知らせ頂ければ、お振込は商品受領後で構いません。
 商品発送完了後に、メールにてお振込先の案内をさせて頂きます。
 お値段は税・送料込みで1枚¥2,600です(ヤマトのメール便使用時)。

 

★★★COOL SOUND 第99回リリース作品★★★

2011年4月25日 Tower Records 先行発売(一般は5月11日)

1982年作品

グレッグ・マティソン・プロジェクト

The Baked Potato Super Live!

COOL-130

2,520円(税込み)

収録曲

1.Bomp Me  (Greg Mathieson - Steve Lukather)
2.Thank You  (Greg Mathieson)
3.First Time Around (Robert 'Pops' Popwell - Steve Lukather)
4.Goe  (Greg Mathieson)
5.I Don't Know (Greg Mathieson)
6.I'm Home (Greg Mathieson)
7.The Spud Shuffle (Greg Mathieson - Steve Lukather - Jeff Porcaro - Robert 'Pops' Popwell)



Produced by Greg Mathieson, Steve Lukather, Jeff Porcaro, Robert 'Pops' Popwell and Jay Graydon

参加ミュージシャン


Keyboards : Greg Mathieson
Guitars : Steve Lukather
Drums : Jeff Porcaro
Bass : Robert 'Pops' Popwell

Recorded "live" at The Baked Potato North Hollywood, December 13,14,15, 1981

<アルバム紹介>


●1982年に当時のCBSソニー(現ソニーミュージックエンターテインメント)から発売され、 フュージョン・ファン、ロック・ファン、AORファン、その全てをノックアウトした、 80年代を代表するライヴ・アルバム。炸裂するスティーヴ・ルカサーのギター、弾けまくる ジェフ・ポーカロのドラムス、そしてグレッグ・マティソンのハモンドとロバート・ポップス・ポップウェルのグルーヴィーなベース、そのどれもがワン&オンリーな輝きを放ち、まさに、 音楽のマジックとして多くのファンの感動を呼びました。

●プロデューサーにはメンバーの4人+ジェイ・グレイドンの名前がクレジットされています。 ジェイはこのクラブの裏に停められたトラックに乗り込み、そこでライヴのエンジニアを担当。 その音録りの確かさがこのアルバムの迫力を生み出したと言っても大袈裟ではないでしょう。 「あんな小さな小屋で録ったとは思えない!」という声が至る所から挙がって来ます。 そしてミックスはスティーヴ・ルカサーが担当。

●クール・サウンドは1999年にこのアルバムを再発。今日までロング・セラーを記録してきましたが、ジャケットは変更せざるを得ず、そこにユーザーの方々から多少の不満が発せられていました。それを解決すべく今回、ソニーミュージックエンターテインメント社にオリジナル・ジャケットの使用を申請。それが受け入れられ、今回、の再発が可能になりました。

●また、当社の再発から早12年という年月が経過したことから、新たにリマスタリングを施し、 盤もハイ・クォリティーの
HQCD仕様にしました。

●仕様は、リアルタイムはにとっては嬉しい紙ジャケで、加えて、ブックレットの中身も一新しています。
ズバリ、読みどころはここです!

1)松原正樹さん&米川英之さんによるギター対談「ルークのギターワークを語る」
2)神保彰さんが語る「ジェフ・ポーカロの魅力」
3)黄金の80年代にThe Baked Potatoで働いていたリチャード中野さんのコメント
4)タワーレコード:バイヤー、Jay T. Okuboさんによる愛に溢れたライナー

●紙ジャケ盤は、基本的に、限定盤となります。お求めはお早めに!

●通信販売はTower Recordsさんと同じく4月25日発売となります。



 こちらの商品をご予約頂ける方は、info@coolsound.co.jpまでメールにてお申し込み下さい。
 お客様のお名前とご住所、希望商品名をお知らせ頂ければ、お振込は商品受領後で構いません。
 商品発送完了後に、メールにてお振込先の案内をさせて頂きます。
 お値段は税・送料込みで1枚¥2,600です(ヤマトのメール便使用時)。

 

★★★COOL SOUND 第98回リリース作品★★★

2011年2月9日 ON SALE

2011年作品(録音は1980年代中盤〜2000年代前半)

アンディ・ゴールドマーク

Demonstrations

COOL-129

2,520円(税込み)

収録曲

1. Slow Burn (Andy Goldmark & Tom Snow)
2. Soul Provider (Andy Goldmark & Michael Bolton)
3. Emotional Tattoo (Andy Goldmark & Mark Mueller)
4. That’s How You Love A Woman (Andy Goldmark, Keith Stegall & Rivers Rutherford)
5. Bake Potato (Andy Goldmark & Steve Kipner)
6. The Late Great You And Me (Andy Goldmark & Mark Mueller)
7. Dynamite (Andy Goldmark & Bruce Roberts)
8. Tender Is The Night (Andy Goldmark & Mark Mueller)
9. By The Time This Night Is Over (Andy Goldmark, Michael Bolton & Diane Warren)
10. 20 Years Ago Tomorrow (Andy Goldmark & Robin Lerner)



Produced by Andy Goldmark
Co-produced by Tom Snow(tr.1), Steve Kipner(tr.5), Peter Stengaard(tr.7)

参加ミュージシャン


Performed by Andy Goldmark(Vo, Key)

with
James Harrah(g), Tom Snow(key, b-vo), Peter Karr(g, key),
Steve Kipner(key, b-vo), Peter Stengaard(key), Dan Cross(g), Novi(Violin)

<アルバム紹介>


●マイケル・ボルトン、ケニーG&ピーボ・ブライソン、 ジャーメイン・ジャクソン、パティ・ラベル、カーリー・サイモン
.... 数多くのトップ・アーティストにヒットをもたらした職人ライター、アンディ・ゴールドマークの 貴重なデモ集が、
今、一枚のCDに。 Don't Miss It !!

*豪華な通販特典もご用意しました!!!!

◆1973年にWarner Bros.から発表したソロ作『Andy Goldmark』が、SSWファンから高い  評価を受けているアンディ・
ゴールドマーク。その後、78年には、元クリッターズのジム・  ライアン、そして、女性シンガー:ホーリー・シャーウッド
との3人組ワンダーギャップで  セルフ・タイトル作品を発表。ニューヨークならではの都会的なポップ・サウンドで 多くの
ファンを魅了しています。

◆1980年代以降はアーティストとしてではなくソングライターとしての活動に焦点を置き、様々なシンガーに楽曲を提供。
ジャーメイン・ジャクソン<Dynamite>(84年:全米15位)
ジェフリー・オズボーン<You Should Be Mine(The Woo Woo Song)>(86年:全米13位)
マイケル・ボルトン<Soul Provider>(89年:全米17位)&<Love Is A Wonderful Thing>(91年:全米4位)
ケニーG feat. ピーボ・ブライソン<By The Time This Night Is Over>(93年:全米25位)
他、数々のヒットを生み出しています。

◆そんな彼が制作した数々のデモ・テープから、10曲を厳選したのがこのアルバムです。
録音楽曲は1983年から2003年まで多岐に渡っていますが、1枚のアルバムとして実に心地好い流れを生み出し、
作家としてはもちろん、シンガーとしての味わい深さも流石の貫禄ぶりを届けてくれます。

◆収録曲は、ヒット曲<Soul Provider><Dynamite><By The Time This Night Is Over>のセルフ・カヴァーに加え、
黒人デュオ:キアラが録音した<Slow Burn>、ナイロンズが録音した<Bake Potato>のアンディ自演版も収録。残り5曲が未発表作品となっています。

◆基本的にデモ・トラック集なのでバックのトラックはシンプルな作りになっていますが、ギターでジェイムス・ハラー、
キーボード&バックグランド・ヴォーカルでトム・スノウ、スティーヴ・キプナーも参加。そこも要チェックです!

◆通販特典はこの2つ
1) アルバム未収録曲<Crush>の非売品CD-R
2) アンディ・ゴールドマーク最新インタヴュー
*特典は数に限りがございます。お早めにどうぞ!

1)は、ジェニファー・ペイジに提供し、1999年に全米3位を記録した名曲のアンディ・ゴールドマーク自演ヴァージョン。
 しかも、ジェニファー版とは違ってなんともジャジーで粋なテイクになっています。
 本人曰く、"A New Interpretation:A Never Heard Before Version"。
 何故にこれを本編に入れようとしなかったのか.....と思ってしまうほどの必聴トラックです。
 通販では先着100名の特典となります。

 Drum Programming: Andy Goldmark
 Piano: John Novello
 Lead and Background vocals: Andy Goldmark
 Produced by: Andy Goldmark

 なお、このディスクは、ディスク・ユニオンさん、タワー・レコードさん、HMVさんなどでも入手可能の予定です。
 ただし、全店舗ではなく一部の店でしか扱わない、あるいは、通販でも入手可 or 不可、など、お店さんによって条件が
 異なりますので、詳しくは直接、本部/各お店さんにお問い合わせ下さいませ。
 当社の通販でお求め頂く方が確実です。

2)は、今回のアルバム用に行ったEメール・インタヴューを全て翻訳し、改めて別刷りにしました。
 そして、最後に、ビルボードのポップ・チャート:コンプリート版とAC版、
 この2つの[ヒット・リスト:アンディ・ゴールドマーク編]も載せてあります。
 CDのライナーと同じ大きさで、表裏びっしり文字が詰まっています。約8,000字インタヴュー+リスト約30行。
 これは、通販でご購入のお客様のみ、の特典です。店頭では入手出来ません。こちらも先着100名。

  どうぞ宜しくお願い致します。



 こちらの商品をご予約頂ける方は、info@coolsound.co.jpまでメールにてお申し込み下さい。
 お客様のお名前とご住所、希望商品名をお知らせ頂ければ、お振込は商品受領後で構いません。
 商品発送完了後に、メールにてお振込先の案内をさせて頂きます。
 お値段は税・送料込みで1枚¥2,600です(ヤマトのメール便使用時)。

 

★★★COOL SOUND 第97回リリース作品★★★

2010年6月23日 ON SALE

2010年作品(録音は1980年代中盤〜90年代中盤)

エリック・タッグ

Time For A Miracle

COOL-128

2,520円(税込み)

収録曲

1. My Little Ones
2. Friend Of Mine
3. World Is In The Way
4. Radio Silence
5. Small Talk
6. Over Now
7. Something To Live For
8. Blessed
9. Time For A Miracle
10. Tailor-Made
11. Soap Opera

 All Songs were Written by Eric Tagg (except Tr. 4 co-written by Michael Phillips)


Produced by Eric Tagg

参加ミュージシャン


Performed by Eric Tagg

except Guitars on tr.2 by Jackie Wilcox、Vocals on tr.2 by Michael & Andrew Phillips

<アルバム紹介>


●Voice of AOR ! 各方面から多大なるリスペクトを集める ヴォーカリスト:エリック・タッグのデモ音源から、
珠玉の11曲を厳選した、ファン待望のCDがここに登場!
自宅スタジオで収録した自演集ながら、ソウルフルな歌声、 コード進行にちょっとした捻りを加える作風は、
一聴して彼と解る、まさにシグネチャー・サウンド!

「全てのAORファンに捧げます、この“歓びの1枚”を」


*豪華な通販特典もご用意しました!!!!

(なお、デモ音源のため、曲によっては音質が劣るものもございます。予めご了承下さい)

◆リー・リトナー・バンドのヴォーカリストとして、『Rit』(1981年)、『Rit 2』(1982年)、『Banded Together』(1984年)、
『Portrait』(1987年)の4枚に参加。<Is It You ?>(1981年:全米15位、Adult Contemporary 15位、R&B 27位)、
<Cross My Heart>(1982年:全米69位)のヒットを生み、その他にも、ドン・グルーシン『10k-LA』(1984年)、
松原正樹『Painted Woman』(1984年)といったアルバムで、数々の名唱を残しているエリック・タッグ。
◆ソロ・アーティストとしても、『Smilin’ Memories』(1975年)、『Rendez-Vous』(1977年)、『Dreamwalkin’』(1982年)、
『Through My Eyes』(1997年)といった何れも甲乙つけ難い名作を発表し、日本のAORファンからカリスマ的な人気を
博しています。

◆そんな彼が1980年代&90年代に自宅で制作した数々のデモ・テープから、AORテイスト溢れる11曲を厳選したのが
このアルバム。
◆一部で外部の助け(ギター、子供のコーラス)を借りていますが、 それ以外は全て自作自演。自分の家のスタジオで、
打ち込み&キーボードによってトラックを 作っていますが、ジャジーなコードであったりエリック・タッグならではの
高度な音楽性を 十二分に駆使。音質的には若干劣るものもありますが、その完成度は、音にうるさいAOR ファンも十分に
納得、の仕上がりになっています。

◆収録曲は基本的に未発表作品ですが、1曲目の<My Little Ones>はCCMシンガー:マシュー・ウォードが1992年のアルバム
『The Matthew Ward Collection』で、また、4曲目の<Radio Silence>はイタリアのキーボーディスト:マルコが2008年の
アルバム『This Moment』でそれぞれ発表。それらが今回、作者エリック・タッグによるオリジナル・ヴァージョンで
楽しめます。特に、<My Little Ones>は珠玉の出来映え!! まさに必聴です!!

◆ライナーでは、エリック・タッグ本人による各曲コメント、メッセージを掲載。佐野瑛厘さんによる日本語対訳も載って
います。また、『Through My Eyes』をID Netから日本発売して下さったプロデューサー:筒井望さんによる愛に溢れた
コメントも掲載。こちらも必読です!

◆通販特典はこの2つ+1(必ず下記の詳細をご覧下さい!!!!)
1) クール・サウンド 2010年後半用カレンダー
2) エリック・タッグ・インタヴュー・アーカイヴス
3) 秘蔵音源CD-R(限定100名)
*特典は数に限りがございます。お早めにどうぞ!

1)は、2010年7月〜12月のカレンダーで、各月に当社作品のジャケ写を1枚ずつフィーチャー。 7月はエリック・タッグ、
8月はランス・ジョー『LA-Honolulu-Tokyo Revisited』、 9月は..となっています。大きさは横向きのハガキ・サイズです。
(このアイテムは、タワー・レコード主要店、ディスク・ユニオン主要店他、 お店によっては付く場合があります)

2)は、以前に行ったエリック・タッグへのインタヴューから美味しい部分を抜粋し、 それをライナーと同じレイアウトで
プリントアウトしたスペシャル・ノーツです。
(このアイテムは、この通販限定です)

上記の2点は通販でお求め頂いた全てのお客様にお付け致します。

加えて、3)は、既に当ページでお伝えしていますように、デイヴ・マクラスキー『A Long Time Coming』(COOL-127)を
通販でご購入下さった方で、かつ、今回のエリック・タッグもお求め頂いた方のみ、 に贈るボーナス・グッズです。
今回のアルバムに入らなかったデモ音源2曲を含む、全5曲入りの 秘蔵のCD-Rです。
エリックさん本人(?)制作によるジャケットも付いています。 (このアイテムも、もちろん通販限定です)

デイヴ・マクラスキーをこれから通販でお求め頂くお客様ももちろん対象となりますので 宜しくお願い致します。


 こちらの商品をご予約頂ける方は、info@coolsound.co.jpまでメールにてお申し込み下さい。
 お客様のお名前とご住所、希望商品名をお知らせ頂ければ、お振込は商品受領後で構いません。
 商品発送完了後に、メールにてお振込先の案内をさせて頂きます。
 お値段は税・送料込みで1枚¥2,600です(ヤマトのメール便使用時)。

 

★★★COOL SOUND 第96回リリース作品★★★

2010年4月8日 ON SALE

1978年作品

デイヴ・マクラスキー

A Long Time Coming

COOL-127

2,520円(税込み)

収録曲

1. Lady Of The Night (Dave McCluskey - Matthew McCauley - Fred Mollin)
2. What You’re Doin’ To Me (Dave McCluskey)
3. I'd Like To Say I Love You(Glen Johansen)
4. So In Love With You (Dave McCluskey)
5. A Long Time Coming (Dave McCluskey)
6. Let Me Be Alone (Dave McCluskey)
7. One More Try (Matthew McCauley - Fred Mollin)
8. All Of The Time (Dave McCluskey)
9. I'll Be Back(John Lennon - Paul McCartney)



Produced by Matthew McCauley & Fred Mollin(track 8 Produced by Gene Martynec)

参加ミュージシャン


LEAD VOCAL
Dave McCluskey

GUITARS
Steve Lukather(1, 6), Fred Mollin(1, 2, 3, 4, 5, 6), Bob Mann(2, 4), Brian Russell(3), Dan Dugmore(5, 7), Jim Wynveen(8)

KEYBOARDS
John Jarvis(1), Matthew McCauley(2, 4, 7), Doug Riley(2, 4), John Capek(3, 5, 6, 7, 9), Jon Goldsmith(8)

BASS
Leland Sklar(1), Tom Szczesniak(2, 3, 4), Mike Porcaro(5, 6, 7), Bob Boucher(8)

DRUMS
Andy Newmark(1), Jorn Andersen(2, 3, 4), Jeff Porcaro(5, 6, 7), Jorn Andersen(8), Bob Disalle(8)

SAX
Jim Horn(1), Ernie Watts(5, 7)

PERCUSSION
Fred Mollin(3)

BACKGROUND VOCLAS
Bobby Kimball(1), Fred Mollin(1, 2, 3, 4, 5, 6), Matthew McCauley(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7), Jimmy Faragher(5), Herb Pedersen(6)

<アルバム紹介>


●Cool Sound 12th Anniversary Release !!
カナダ東部に埋もれていた激レア名作、今、ここに発掘!
ダン・ヒルやアメリカ、ジミー・ウェッブでお馴染みのチーム:マシュー・マッコウリー&フレッド・モーリンが
プロデュースした1978年作品。
スティーヴ・ルカサー、ジェフ・ポーカロ、ボビー・キンボールが熱演・熱唱!!

(マスターは、アナログ興しではなく、6mmのマスターからリマスタリングした、正規の音源です)

 このアルバムを通販でお求め頂き、かつ、上記のエッリック・タッグのデモ集『Time For A Miracle』も通販でお求め頂いたお客様には非売品の特典が付きます。是非とも、通販でお求め下さい!


◆1955年8月16日、イギリス:バーキングで生まれ5歳からカナダに住むシンガー/ソングライター:
デイヴ・マクラスキーが1978年に発表した唯一のリーダー作。
◆発売当時は、ソロ名義ではなく"McCluskey"というバンド/プロジェクト的な名前で出ていましたが、それはレコード会社の
アイデアで、必ずしも本人の希望ではなかったため、今回はフル・ネームによるソロ名義でのリリースとなります。
◆大半のプロデュースを手掛けたマシュー・マッコウリー&フレッド・モーリンは、カナダの吟遊詩人:ダン・ヒルの一連の
アルバムを手掛けたコンビであり、この後も、ランディ・エデルマン『You’re The One』(79年)、アメリカ『Alibi』(80年)、
ジミー・ウェッブ『Angel Heart』(82年)他、多くの良質アルバムを世に送り出している売れっ子チーム。
◆中でも、大ヒットした<Sometimes When We Touch>を収録したダン・ヒルの名作『Longer Fuse』(1977年)の大ファンだった
というデイヴ・マクラスキーはレコード・ディールもダン・ヒルと同じカナダ:GRTを選択。トロントで録音した曲では
『Longer Fuse』と同じミュージシャンが参加し、良質なアダルト・コンテンポラリー・サウンドを創り出しています。
◆また、レコーディングの半分はL.A.で行われ、ジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ルカサー、ボビー・キンボールといった
TOTOの面々も参加。ルークのハードなギター・ソロや、ボビー・キンボールの超高音によるカウンター・ヴォーカルも
顔を出すなど、AOR的な醍醐味も随所で堪能出来ます。
 その他にも、リー・スクラー、アンディ・ニューマーク、アーニー・ワッツ、ジム・ホーン、マイク・ポーカロ、
ジョン・ジャーヴィス、ジョン・ケイペック他、豪華な面々が勢揃い。
◆アルバムのラストを締め括るはザ・ビートルズの<I’ll Be Back>のカヴァーで、マシュー・マッコウリーが施した
オーケストラ・アレンジはまさに秀逸。こちらもアルバムの聴きどころのひとつになっています。


 こちらの商品をご予約頂ける方は、info@coolsound.co.jpまでメールにてお申し込み下さい。
 お客様のお名前とご住所、希望商品名をお知らせ頂ければ、お振込は商品受領後で構いません。
 商品発送完了後に、メールにてお振込先の案内をさせて頂きます。
 お値段は税・送料込みで1枚¥2,600です(ヤマトのメール便使用時)。

 

★★★COOL SOUND 第95回リリース作品★★★

2009年8月19日 ON SALE

2009年作品

ランス・ジョー

LA-Honolulu-Tokyo Re-visited

COOL-126

2,520円(税込み)

収録曲

1. Cool Sound
2. Carousel (new version)
3. Destiny
4. Your Best To Me (new version)
5. Who’s Fooling Who
6. Until I Found You
7. If You Believe
8. Ariel
9. Every Step Of The Way (new version)
10. Diamond
11. Edge Of Forever (new version)
Bonus Tracks for Japan
12. In My Dreams
13. The Only One
14. The Last Goodbye

All songs written by Lance Jyo
exvept "Edge Of Forever" by Lance Jyo & Jeff Pescetto



Produced by Lance Jyo with Raul Ferrando, Jon Basebase & Joerg Alfter

参加ミュージシャン


LEAD VOCALS
Bill Cantos(1, 7), Dave Toma(2, 13), Junior Tubers(3), Richard Natto(4), Darla Short(5), Michael Ruff(6, 10),
Jeff Pescetto(8), David Pack(9), Lance Jyo(11, 14), Joerg Alfter(12)

GUITARS
Jay Graydon(1, 12), Bruce Gaitsch(9), Ramon Stagnaro(2, 5, 6, 7, 8, 11), Jon Basebase(10, 13), Dave Toma(12)

KEYBOARDS & PROGRAMMING
Raul Ferrnando(1〜9, 11, 12), David Kauahikaua(10, 13), Joerg Alfter(14)

<アルバム紹介>


●2003年に発表したL.A. & Honolulu録音による名作が、4曲の再構築、そして3曲の新録を追加収録したコンプリート盤で
 遂に登場。

◆David Pack, Bill Cantos, Michael Ruff, Jeff Pescetto,Toma/Natoを始めとした素晴らしいヴォーカル陣。

◆Jay Graydon, Bruce Gaitsch, Ramon Stagnaroといった名手によるバッキング&ソロ。

◆ソングライター、プロデューサーとしてのLanceの魅力を凝縮した、必携の1枚。

◆ジャケットも作り直し、Lance本人の希望で紙ジャケ仕様にで発売。

★ランス・ジョーの細かなプロフィールはこちらをクリックして下さい。



 こちらの商品を通販でお求め頂ける方は、info@coolsound.co.jpまでメールにてお申し込み下さい。
 お客様のお名前とご住所、希望商品名をお知らせ頂ければ、即日発送致します。
 お振込は商品受領後で構いません。商品発送完了後に、メールにてお振込先の案内をさせて頂きます。
 お値段は税・送料込みで1枚¥2,600です(ヤマトのメール便使用時)。

 

★★★COOL SOUND 第94回リリース作品★★★

2009年1月28日 ON SALE

2008年作品

ブルース・ヒバード

Heaven's Gold

COOS-2028

2,520円(税込み)

収録曲

1. You Made Me For You (Bruce Hibbard - Trendon Darryl Carter)
2. Heaven's Gold (Bruce Hibbard)
3. I Live (Bruce Hibbard)
4. Under His Reign (Bruce Hibbard)
5. Build My House (Bruce Hibbard)
6. Rainstorm (Bruce Hibbard - Julie Hibbard - Leisa Speegle)
7. The Treasure (Bruce Hibbard)
8. Don't Surrender (Bruce Hibbard - Trendon Darryl Carter)
9. We Need You (Bruce Hibbard)
10. Who Am I (Bruce Hibbard - Julie Hibbard - Leisa Speegle)


Produced by Bruce Hibbard

参加ミュージシャン

Bruce Hibbard:vocals、keyboards、bass、guitars、strings arrangements

Guitars:Phil Keaggy、John Willis
Keyboards:Trendon Darryl Carter
Drums:Lenny Allen
Chorus:Susan Miller、Gene Mille、Julie Hibbard....

<アルバム紹介>


●言わずと知れたマスターピース、『Never Turnin’ Back』でお馴染み、
 ブルース・ヒバードの8年ぶりとなる新作が遂に完成!
●オーガニックなバラードから、『Never Turnin’ Back』のまさに延長にある
 AOR度100%のナンバーまで、聴き手の期待を十二分に上廻る完璧な内容!
●三面ディジパックの輸入盤に、帯、解説を付けた日本盤仕様で発売!


 1980年にリリースした2nd『Never Turnin’ Back』で当時の”先物買い・輸入盤フリーク”から大きな注目を集めたブルース・ヒバード。その後、ほとんどニュースを聞かなくなりますが、2000年、クール・サウンドが『Never Turnin’ Back』を世界初CD化でリリースすると、その作品への評価は再び上昇し、当社の作品の中でもBest 5に入るセールスを記録。又、当社のメールマガジン読者によるアンケートではジョセフ・ウィリアムス、クリス・クリスチャン、グレッグ・マティソン・プロジェクト他の名作を退け、堂々第1位を獲得しています。
 その年、2000年にブルース・ヒバードは実に20年ぶりとなる新作『Time Waits』を発表し、ファンを驚かせますが、それから8年ぶりとなる待望の新作がこの『Heaven’s Gold』です。  前作『Time Waits』と比較して、ブルース・ヒバードはこう語ります。

「もちろん共通する部分はいろいろとあるけれど、違いもたくさんある。『Time Waits』はよりセキュラーな作品で、僕のポップ・ジャズから受けた影響が反映されているけれど、『Heaven’s Gold』はストレートなCCM作品なんだ。どちらもコンピューターの頼らないナチュラルなプロダクションで制作した、という点では一緒だけれど、今回のアルバムは各々の曲が本来持っている方向性を出来る限り尊重する、それが大きな違いかな?」

 レコーディングの大半はソルト・レイク・シティにあるブルース・ヒバードの自宅のスタジオで行われ、ギターのダビングやヴォーカル録り等はブルースが以前住んでいたナッシュヴィルで行われています。ギターではCCM界の重鎮で、かつてはあのエドワード・ヴァン・ヘイレンも崇拝していたという名匠フィル・ケギーの名前が、また、バック・ヴォーカルではいろいろなポップ・セッションを彩って来たジーン・ミラーの名前が目を惹きます。
 アルバム中、極めてAOR度が高いのは、2曲目の<Heaven’s Gold>、4曲目の<Under His Reign>、そして、8曲目の<Don’t Surrender>といったナンバーですが、それらの曲でギターをプレイしているのは他ならぬブルース・ヒバード本人。<Heaven’s Gold><Don’t Surrender>におけるソロやバッキングから、『Never Turnin’ Back』のプロデューサー:ハドリー・ホッケンスミスのギター・サウンドを思い出す人も少なくないでしょう。それはもちろん、ブルース・ヒバードに生涯最大の音楽的影響を与えたのがハドリーだったから、ということはもちろんですが、それだけ、このアルバムがAOR的な要素を多分に備えていることの証明でもあります。『Never Turnin’ Back』と並ぶAORの名作!等とは言いません。しかし、その世界に通じる佳作であることは贔屓目なしに断言出来ます。是非ご一聴を。

 こちらの商品を通販でお求め頂ける方は、info@coolsound.co.jpまでメールにてお申し込み下さい。
 お客様のお名前とご住所、希望商品名をお知らせ頂ければ、即日発送致します。
 お振込は商品受領後で構いません。商品発送完了後に、メールにてお振込先の案内をさせて頂きます。
 お値段は税・送料込みで1枚¥2,600です(ヤマトのメール便使用時)。

 

★★★COOL SOUND 第94回リリース作品★★★

2009年1月28日 ON SALE

1995年作品

ブルース・ガイチ

A Lyre In A Windstorm

COOS-2029

2,310円(税込み)

収録曲

1. That's When I Fell (Bruce R. Gaitsch)
2. On The Way (Janey Clewer)
3. Haunt Me Tonight (Fee Waybill - Richard Marx - Bruce R. Gaitsch)
4. Colorado (Amy Sky - Bruce R. Gaitsch)
5. Heartbeat (Bruce R. Gaitsch)
6. Everyday Thing (Bill Champlin - Bruce R. Gaitsch)
7. Dreams (Bruce R. Gaitsch)
8. Two Kinds Of Love (Marc Jordan - Bruce R. Gaitsch)
9. Love In The Afternoon (Bruce R. Gaitsch)
10. God Only Knows (Brian Wilson - Tony Asher)
11. Coda (Jeremy Lubbock)(*)


Produced by Bruce Gaitsch

(except * by Jerremy Lubbock)

参加ミュージシャン

Bruce Gaitsch:Guitars & Programmings

Lead Vocals:Richard Marx(3)、Bill Champlin(6)、Marc Jordan(8)、Timothy B. Schimit(10)
Vocals:Janey Clewer(1,2,3,5,6,8)、Amy Sky(4)、Tamara Champlin(6), George Hawkins(6)
Keyboards:Janey Clewer(2)、Randy Waldman(2)、Greg Phillinganes(5,10)
Drums:Billy Ward(1,5,6,8)
Bass:John Patitucci(2,5,6,8)
Percussion:Paulinho DaCosta(2,5,8)
Flute : Dave Boruff(4)

<アルバム紹介>


●マドンナの<La Isla Bonita>、リチャード・マークス<Don’t Mean Nothing>他、数々のヒット作りに貢献して来た
 ギタリスト・コンポーザー、ブルース・ガイチの1st(1995年作品)が日本盤仕様で再登場!
●リチャード・マークス、ビル・チャンプリン、ティモシー・B・シュミット、
 マーク・ジョーダン、ジェイニー・クルーワーらがヴォーカルを務め、
 ジョン・パティトゥッチ(bass)、グレッグ・フィリンゲインズ(organ, synth)、
 ランディ・ウォルドマン(piano)、デイヴ・ボラフ(flute)他の名手がバックに参加。
●さらに、ラストの<Coda>ではロンドン・フィルハーモニックをバックに従えたゴージャスな演奏が味わえます。
●ライナーではブルース・ガイチ本人が語る、制作裏話も多数フィーチャー。
 今、改めて、この名作をアナタに!


 マドンナやリチャード・マークスに提供した曲(最終的にはアーティスト自身と共作)が大ヒット。さらに、バーブラ・ストライサンド、ピーター・セテラ、グレン・フライ、ニュー・エディション、フリオ・イグレシアス、ジュリアン・レノン、ポコ、セリーヌ・ディオン、ロジャー・ウォータース、シーナ・イーストン、グラディス・ナイト、ジョー・コッカー、エイミー・グラント、アグネッタ、ララ・ファビアン、シャーロット・チャーチ….ジャンルを超えた数々のアルバムでギターをプレイ。
 さらに、トミー・ファンダーバークとのユニット:キング・オブ・ハーツでも名曲を生み出し、シカゴのメンバーとして2枚のアルバム(『Stone Of Sisyphus』『Night & Day : Big Band』)でも重要な役割を果たした、ヴァーサタイルなアーティスト:ブルース・ガイチ。その彼の記念すべきソロ・デビュー作が、1995年にリリースされたこのアルバムです。
 タイトルの”A Lyre In A Windstorm=暴風の中の竪琴”は、古代ギリシャの芸術家たちが熱望していた状態ーー暴風雨の中に置かれた竪琴が、そこに触れる雨風によって音を発する、それは自分たちの人生や時間を映し出しているーーから取ったそうで、この作品を通じて、自分の周りの数々の優れた才能を、完璧にオープンにして行くことを目論んだ作品、だとブルース本人は語っています。
 ジェレミー・ラボックが手掛けた<Coda>は元々パット・メセニーとレコーディングしながら、その仕上がりに満足せず、ブルース・ガイチで録り直したという曰く付きのトラック。
 メロディーの宝庫、人間味溢れるサウンドの凝縮形、そんな素晴らしい作品を、今、改めてアナタに!

 こちらの商品を通販でお求め頂ける方は、info@coolsound.co.jpまでメールにてお申し込み下さい。
 お客様のお名前とご住所、希望商品名をお知らせ頂ければ、即日発送致します。
 お振込は商品受領後で構いません。商品発送完了後に、メールにてお振込先の案内をさせて頂きます。
 お値段は税・送料込みで1枚¥2,400です(ヤマトのメール便使用時)。

 


 



ご質問は info@coolsound.co.jp までお願いいたします。